個人ブログを作りました

 内容にかかわらず、自分が書いたものを「残しておく場所」があるということは、やはり自分にとっては大事なことだ、と改めて思うに至り、個人ブログを作りました。

 なぜ、オフラインの日記ではなく、ブログへ書くのかというところは、20余年あまりインターネットを含め様々な場所で雑多に文章を書いてはきたものの、いまだによく判っていません。

 強いて言えば、自分のインターネット体験というのは、かつての「個人ウェブサイト」から始まっていますから、自分の意見を広く公開するという行為に、それほど違和感を持っていないし、それがネットの振る舞いとして自然ではないのか、と考えている。こういった可能性は高いかもしれません。

 昨今「残しておく場所」といった位置づけのサービスは、それこそブログという枠に縛られず多く存在しているので、いろいろ選びようはあったのですが、Blogger は無料でできることが他と比べてダントツに多いので、とりあえず Blogger にしてみました(カスタムドメイン設定が無料なのって Blogger ぐらいじゃない?)。Google の売れてないサービスというあたりが若干ヒヤヒヤはしますが、まあ最悪でも記事はエクスポートで他に引き継げそうかなと。

 自分で WordPress を立てることも考えましたが、そっちはそっちで普段の仕事でやっていますし、個人の方は好きにやりたいな、というのがモチベーションとしては強かった感じです。

 これまでは好き勝手書き散らしていたきらいがありますが、ここでは個人名も出しているので、内容や表現などには極力気をつけつつ、それでも自分が書きたいと思ったことは、ここに「残して」いくことを念頭に、やっていこうと思います。

このブログの人気の投稿

「神アプリ」とはなにか、そしてアプリ開発者が目指す「神アプリ」とはなにか

音声入力こそスマホの醍醐味であるという話

同業者以外の人に対する自分の仕事の説明